Adobe Illustratorデータ作成の注意点


1.バージョンの確認

現在ご使用されているバージョンの保存形式で保存して下さい。
ダウンバージョンして保存されますと出力に時間がかかったり、不具合が発生する場合があります。
また、必ず各バージョンの最新のアップデータを適用してをご使用下さい。

2.アウトラインについて

必ず文字のアウトライン化をして下さい。「文字→アウトラインの作成」

文字→文字のアウトライン

文字のアウトライン化

3.トンボについて

Illustratorデータには必ずトンボをトリムマークで付けて下さい。
仕上がりサイズの大きさの長方形(四角)を作成し、塗りと線のカラーをなしにして「フィルタ」→「クリエイト」→「トリムマーク」を選択。
裏面がある場合は、表裏それぞれの位置が一致するかご確認ください。

クリエイト→トリムマーク

トンボ作成

4.カラー設定について

通常のカラー印刷ではスポットカラー・特色などは使用せず、したとしても最後に必ずプロセスカラー(CMYK)に変換して下さい。「フィルター」→「カラー」→「CMYKに変換」

カラーで黒を表現する方法は二通りあります。一つはK100%の黒。もう一つはリッチブラックと言われる黒です。リッチブラックにすると、黒に深みが出て綺麗に仕上がります。ただし、使用したCMYKの合計が340%以内になるように設定して下さい。それ以上になりますと印刷の汚れの原因になります。これはファイルチェックの対象外となりますのでお気をつけ下さい。
リッチブラックを使用したい時はC60%M40%Y40%K100%程度の指定をおすすめめします。
また、レジストレーションは各色100%、合計400%の指定となりますのでトンボ以外には指定しないで下さい。

リッチブラック設定

5.貼りこみ画像について

画像はCMYKモード、解像度は300~350dpiで作成して下さい 。
解像度が低いと実際に印刷した時に荒く見えるように仕上がってしまいます。

6.サイズ・塗り足しについて

裁ち落としが必要のないデザインでは仕上がりサイズでデータを作成して下さい。
裁ち落としが必要なデザインの場合、裁ち落とし用に背景のみを天・地・左・右3mmずつ伸ばしてください。これを忘れると印刷後の断裁の際にほんの少しのズレが生じただけで紙の端に白い部分ができてしまいます。

塗り足し

7.ラインについて

0.25ポイント未満のラインは使用しないで下さい。0.25pt未満の線幅ですと、印刷の際に線が飛んで消えたり擦れたりしてしまいます。線の太さは0.25pt以上にして下さい。

パスの線は「塗り」ではなく、「線種」でカラー指定してください。 「塗り」で指定した線はプリンタでは出力されても、印刷では線が細すぎて消えてしまいます。

線の指定

8.マスクについて

マスクに使用したオブジェクトの線に色を設定しないで下さい。
画像などを使用したい形に切り抜く「マスク」又は「クリッピングマスク」機能ですが、使用したオブジェクトの色を指定すると、色が変わったり出なかったりしますので指定しないで下さい。

9.オーバープリントについて

Illustratorの機能の中に「オーバープリント」があります。上に乗ったオブジェクトや色、下になったオブジェクトや色も、両方とも混ぜ合わさった形で出力されるものですが、全てのオブジェクトを画面上で確認するのは困難で、トラブルの原因となる場合があります。「オーバープリント」は、データチェックの対象となりませんのでご了承下さい。

10.ラスタライズ効果設定について

ラスタライズ効果設定とは、ドロップシャドウなどの透明を使用した部分のラスタライズされる部分の解像度を調整するものです。「効果」メニューの中の「ドキュメントのラスタライズ効果設定」(バージョンによって多少表記が異なります)の中の「解像度」を「高解像度」もしくは「その他」で350ppiに設定して下さい。

ラスタライズ設定

11.保存について

保存の際は、必ず作成したバージョンで保存して下さい。ダウンバージョンして保存されますと、エラーやデータ内容の予期せぬ変換が起きる場合があります。元のバージョンで保存して下さい。